カテゴリ:魚介料理( 2 )

いわしの南蛮漬

先日のSimplyでは、鰯、パプリカを購入したと書きましたが、ではそれで何を作ったのか・・?それが今回ご紹介する「いわしの南蛮漬」です。

もともと南蛮漬のような、甘酸っぱいタレに、肉や魚、野菜の刻んだものをいっぱい入れて食べるのが大好きで、時々こちらでも鶏肉の唐揚げで南蛮漬けは作っていました。
先日鰯を購入したときに、これをどう調理しようと考えていると、ふと、鰯で南蛮漬けを作ってみても美味しいのでは?と思い、オリーブ油でじっくり焼いた鰯を、南蛮漬けのタレで漬け込んでみました。勿論、野菜もいっぱい刻んで一緒に。
美味しかったし、何だか体に良いものを食べてるなあ、という気になりました。

c0146402_22145473.jpg〔材料〕(4人分)

いわし   6匹
(いわし下味用)
しょうが汁 小2
酒      大1
しょうゆ   小2

小麦粉   大3
オリーブ油 大3

(タレ)
米酢     240ml
砂糖     大8
しょうゆ   大4
唐辛子    2本
レモン汁   1個分
塩       一つまみ

玉ねぎ    1個
セロリ     1本
パプリカ   1個

パセリ     少々

〔作り方〕

①いわしは鱗を包丁の背で取り、頭を落とし、内蔵を出し、手開きにして
  中を良く洗う。中骨を取り、縦半分に切っておく。

②下味用の材料をいわしに絡めておく。
 その間、野菜を薄切りにする。

③鍋に「タレ」の材料を入れ、一煮立ちさせておく。
 唐辛子は種をとり、細かく刻んで、鍋に入れる。

④いわしに小麦粉をまぶし、フライパンにオリーブ油をいれ、充分温める。
 温まったら、いわしを入れて、両面を充分に焼く。

⑤深めの入れ物を用意し、タレを半分くらいいれ、野菜も少しいれ、その上に焼いたいわしを
 乗せていく。その上にまた野菜を乗せ、いわしを乗せ、タレをかける。
 一時間くらい置いて、味をなじませたらOKです!
 お皿に盛って、パセリをお好みでかけて、どうぞ召し上がれ。

c0146402_22264744.jpgきょうの夕食はこんな感じになりました。いわしの南蛮漬、ご飯、青梗菜とベーコンのスープ、そして、Simplyで店員さんにすすめられたエビです。
ワインは、アルザスワインのゲビュルツトラミネール。甘くとろっとした、濃厚なワインです。
日本にいた頃は、私たちはほとんどお酒は飲まなかったのですが、こちらに来てから、ワインの美味しさにも目覚め、よく飲んでいます。アルザスのワインは本当に美味しいです。


※野菜はお好みでどんどん入れちゃってください。今回使った野菜のほかにも、人参なども合うと思います。

※この料理は、酢とレモンを使っているので、アルミ製品の鍋や入れ物、ボールは使わない方がいいと思います。
[PR]
by merico-merico | 2009-02-02 22:37 | 魚介料理

たことキノコのリゾット

c0146402_6321252.jpg今日はほんとは鯖か鰯を使ったイタリアンにしようと思っていたのですが、マルシェに行ってもスーパーに行っても、ことごとく青魚は見つかりませんでした。でもスーパーで蛸を見つけました!ストラスブールに住んで9ヶ月以上、蛸は見た事が無かったのですが(内陸だからでしょうか?)、青魚が見つからない日に蛸を見つけて、驚喜して買って帰りました。
その蛸が右の写真です。ちなみに地中海産と書いてありました。


c0146402_6361293.jpg茹でるとこんな風に。何だかロボットみたいです。今日はこの地中海産蛸を使って、たことキノコのリゾットを作ることにしました。


c0146402_6441427.jpg〔材料〕(4人分)

米      200グラム(洗わない)
たこ     好きなだけ
       (今回は写真の通り、小さめの蛸一匹を使いました。
        でも多いのが好きな方は、もっといれてもいいと思います)
キノコ    好きな種類、好きなだけ
にんにく   1片
たまねぎ  半個

白ワイン  大3

オリーブ油 大3
バター    大1

コンソメ   1個
たこ茹で汁 700cc

(調味料)
塩こしょう  適量
しょうゆ   大2
ペコリーノ ロマーノ  大4
(すりおろし)

〔作り方〕

①蛸をゆでる。鍋いっぱいの水を沸かし、蛸を入れ、色が変わるまで茹でる。
 (すでに茹で蛸の場合は、この作業はいらないです)

②茹でた蛸は、一口大の大きさに切る。茹で汁はボールなどにとっておく。
 にんにく、たまねぎはみじん切りに。キノコは食べやすい大きさにさく。
 
③鍋にオリーブ油、バターをいれ、火にかける。バターが溶けてきたら
 にんにく、たまねぎを入れて炒める。
 たまねぎ特有のツンとした香りがなくなり、香ばしい香りになってきたら
 米を入れて炒める。

④米が透明になってきたら蛸、キノコを入れてさっと炒める。
 白ワインを入れ、少しの間炒める。

⑤蛸の茹で汁(無い場合は水で)をまず500ccを入れ、コンソメを入れて
 最初は強火で、沸騰したら中火にし、10分くらいは混ぜながら煮る。
 10分経ったら、残りの200ccを入れ、米に芯が残るくらいまで火を通す。
 
⑥米がアルデンテの状態になったら、塩、こしょう、しょうゆ、ペコリーノ・ロマーノを入れ、
 混ぜる。
 お皿にリゾットを盛ったら、その上から再び、少しペコリーノ・ロマーノのすりおろしをかける。 
 温かいうちに召し上がれ。
 
[PR]
by merico-merico | 2009-01-22 06:57 | 魚介料理