カテゴリ:未分類( 13 )

フライブルク・バーゼル 食の旅 1

c0146402_4362424.jpgこの週末フランスを抜け出して、ドイツ・スイスへ旅行をしてきました。
金曜日の午後から出発し、土曜夕方に帰る、一泊二日の旅でした。
タイトルは「食の旅」ですが、旅の目的は「食」に特化していたわけではありません(笑)。ただ、このブログの方針に従って、食にスポットをあてて、今回の旅行を少しご紹介したいと思います。

今回の旅行では、ストラスブールからライン川を越えてドイツへ。そして「黒い森」と呼ばれるシュバルツバルトを通り、フライブルク(Freiburg)へ、そこで一泊し、翌日はドイツのアウトバーン(高速道路)を南下し、スイス、バーゼル(Basel)へ。そして再び北上、今度はフランス側のオートルート(高速道路)を使い、ミュールーズ(Mulhouse)、コルマール(Colmar)を通ってストラスブールへと戻りました。
右の地図が、今回移動した範囲の地図です。中心に見える赤い線が国境ですが、こうしてみると、ストラスブールって、本当に国境の街なんだなあとしみじみ思いました。ドイツの一番近い街まで30分もかからず、スイス、バーゼルまでも高速道路を使えば、2時間くらいで着いてしまいます。一泊二日で二カ国を周れるなんて、何だかすごいです。

c0146402_455925.jpgストラスブールを出発し、一番近い街、ケール(Kehl)を通り、いざ「黒い森」シュバルツバルトへ。
アウトバーンからはシュバルツバルトは見えないと聞いていたので、ここは普通の道路を走っていきました。学校の授業で「シュバルツバルト」という言葉を教えてもらったとき、その不思議な言葉の響きに魅せられて、一度訪れてみたいと思っていたところです。

車で走っている途中、よく散歩をしている人々を見かけました。結構な山の中だったのですが。ドイツ人は散歩が好きだということは聞いていましたが、本当なんだなあと実感しました。
途中で少し車を止め、「黒い森」を散策してみました。左がその写真です。
うわさに違わず、美しく、そして静かな森でした。
ここがあのシュバルツバルトなんだ。
なんとも言えない気持ちになりました。

c0146402_595932.jpgさて、シュバルツバルトを南下し、その先にあるフライブルクに到着しました。ここはシュバルツバルトが酸性雨で大きな被害を受けたことなどをきっかけに、環境問題に取り組み始め、いまでは環境首都として、世界的に有名な都市です。
この日はここにホテルを予約しました。本当に中心街にあるホテルだったので、どこへ移動するのも楽でした。

右の写真は、フライブルクの大聖堂(Freiburger Münster)です。あいにく修復中だったようで、ちょっと上のほうに足場があるのが残念でしたが、なかなか立派な大聖堂でした。
使われている石が、ストラスブールの大聖堂と同じなのか、赤い石で、その上デザインも少しストラスブールのものと似ている気がして親近感が湧きました。
早速中を見学しようと思ったのですが、この日の夕方はミサの最中で入れなく、見学は翌日に持ち越しとなりました。実はそれが良かったのですが。
c0146402_5165863.jpgc0146402_5174031.jpg

上部左の写真は、大聖堂のある広場(Münsterplatz)にある商館です。その昔は税関や宿泊施設として使われていたとか。右は大聖堂広場です。先ほど、この日大聖堂でミサがあったために中に入れなかったのが良かったと書きましたが、それがなぜかというと、次の日の土曜日、この広場に市が立っていたのです。もしこの日に大聖堂に入れていたら、次の日はこの広場には来なかったので、市も見れなかったと思います。

c0146402_533395.jpgさてこの日の夕食は、せっかくドイツに来たのだから、ドイツらしいものを食べようと、それらしいレストランを探してみました。結構歩き回ったのですが、伝統料理を出してくれそうなお店を見つけることは難しかったです。でも幸い、ホテルの近くで一軒良さそうなお店を見つけたので、そこに入って見ました。
ドイツ語は全くわからないので、ドイツ語だけのメニューだとまず何の食べ物かわからないのですが、幸いここは英語、フランス語も併記されていたので助かりました。
写真は、まず始めに頼んだスープ。コンソメに、魚のすり身のようなものが入ったスープでした。
c0146402_5404485.jpgc0146402_5412425.jpg
これらはメインとして頼んだものです。左は私が頼んだ、豚肉キノコクリームソース添え、右は主人の頼んだビーフステーキです。どちらもパスタのようなものがついてきました。このパスタ、それ自体に味はほとんど無いのですが、濃い目のソースと一緒に食べると結構おいしくて、何かとあわせて食べると美味しさを増すようです。何だか米みたいだと思いました。

c0146402_5453259.jpg結構大きな肉だったのでおなかいっぱいになったのですが、最後にはやはりデザートを頼みました。
アップルパイ、生クリームとアイスクリーム添えです。
アップルパイもアイスクリームも甘すぎず、とても素朴な、手作りの味がして美味しかったです。

この日はこれで就寝、次の日も早めに起きるつもりで早く寝たのですが・・・起きたらびっくり、9時でした。
美しい教会の鐘の音がならなければ、まだまだ寝ていたと思います・・・。
[PR]
by merico-merico | 2009-02-09 05:52

あんかけ焼きそば

c0146402_5592976.jpg先日パリストアに行ったとき、こんな麺を見つけました。
「新鮮全蛋炒麺」(新鮮な、全卵を使った焼きそばの麺という意味だと思います)と書かれたこの麺、パッケージの焼きそばが美味しそうなこと、麺の丁度良い太さ、そして何よりも麺の、綺麗な卵の黄色に惹かれ、しばらく凝視して、買い物かごに入れました。そうだ、この麺を使って、久しぶりにあんかけ焼きそばを作ろうと思いつき、その日の夕食はあんかけ焼きそばに決定しました。

私は個人的に、小さい頃からあんかけ焼きそばが大好きです。でも、お店で食べると美味しいのに、家で作ると、どうも野菜のシャキシャキした感じがなくなってしまうのが残念で、何故こんなに違うのだろうかと色々考えていたのですが、その理由が今回わかりました。あまりに簡単なことなので、何で今までわからなかったのだろうかと、そっちの方が疑問なのですが、答えは簡単、食べる直前にあんを作れば良いだけのことでした(今まではあんを早めに作っていたため、どうしても野菜がくたっとなってしまっていたのです・・)。
今回のは、野菜がシャキシャキして、それなりに美味しい焼きそばになりました。

c0146402_614927.jpg〔材料〕(二人分)

中華麺     2玉

白菜       4枚
人参       3分の1本
青梗菜      1株

豚肉       100グラム
(豚肉下準備用)
片栗粉      大1
酒         大1
卵         1個

エビ        6匹
(エビ下準備用)
片栗粉      大2
酒         大2


鶏がらスープ  450cc
オイスターソース 大4

片栗粉       大3
(同量の水で溶いておく)

塩こしょう      適量
砂糖         小1

サラダ油       大3

〔作り方〕

(下準備1)
エビは殻をむいて、ワタをとり、背に切り込みを入れる。小さいボールにエビ、片栗粉大1、酒大1を入れ、混ぜ、エビの汚れを取る。その後流水で一度エビを洗い、水気をクッキングぺーパーなどで取り、また違う小さいボールにエビを入れ、片栗粉大1、酒大1を入れ、エビにもみこむように良く混ぜ合わせる。2分くらいそのままにしておき、その後鍋に湯を沸かし、そのエビを片栗粉のついた状態で1分ほど茹でる(火を通しすぎないよう気をつける)。その後流水でよく洗い、
別皿にあげて置く。

(下準備2)
豚肉は好みの厚さに切り、小さめのボールに片栗粉、酒、卵を入れて、よく混ぜ合わせておく。


〔作り方〕
①鍋に、麺を茹でるためのお湯を沸かす。
 その間、あんの具となる野菜を切る。白菜、青梗菜、人参を、なるべく大きめに、形をそろえて切っておく。
 鶏がらスープ、水溶き片栗粉もこのときに用意しておくと、後が楽になる。

②湯が沸いたら、麺を表示どおりに茹で、ざるに上げ、冷水で一度良く洗う。
 よく水気を切ったら、麺を二つに分けておく。

③フライパンを火にかけ、サラダ油を大1ほど入れてよく熱する。
 充分に温まったら、二つに分けた麺を、分けたままフライパンで焼く。
 片面がカリカリになったら、裏返して、大1のサラダ油を上からかけて、再び焼き色をつける。
 両面とも充分に焼き色がついたら、皿に載せておく。

④あんを作る。
 麺を焼いたフライパンに、再びサラダ油を大1ほど入れて、豚肉を炒める。
 色が充分に変わったら、人参、青梗菜、白菜の順番で入れて、油が全体にまわるように炒める。
 油が全体にまわったら、用意していた鶏がらスープをいれ、エビを入れる。
 沸騰したらオイスターソース、塩コショウ、砂糖を入れ、すばやく味を決める。
 味が決まったら、水溶き片栗粉を全体に流しいれ、だまにならないように混ぜる。

⑤用意していた麺にあんをかけて、温かいうちにお召し上がり下さい!
[PR]
by merico-merico | 2009-01-31 06:57

今夜の夕食

今日の夕食は何にしよう、と、語学学校からの帰りに考えていました。
最近の我が家はお菓子が多くあり、少し食べすぎかな?と思い、今日は野菜中心の和食を作ろうと、大まかな範囲は決定、具体的なおかずの内容はスーパーへ行ってから決めようと、ストラスブール中心街にある、スーパーマルシェ、「Simply」へ直行。そこには魚売り場が常設されていて、今日、そこを覗いてみると、鰯が!


c0146402_6575773.jpg 実は以前、ご飯の上に鰯の焼いたものをほぐして乗せて、おしょうゆを少しかけて食べるととても美味しい、という話を聞き、主人といつか食べてみようと言っていたのでした。すわ、今日がそのとき!と早速購入。右がその買った鰯です。(調理中の写真の為、まな板が汚くてすみません)
 おかずの一つは鰯に決定、あとはどうしよう、と悩んでいたのですが、大根を見た瞬間に「豚汁だ!」とひらめき、汁物は豚汁に決定。あとは家にある白菜を使って、和え物を作ることにしました。

c0146402_74156.jpgこちらが今日の料理の材料です。冷蔵庫を見てみたら、青梗菜もあったので、これも豚汁に入れることにしました。こうして並べてみると、結構な量の野菜を使うことになるんだなあと、改めて実感。白菜と青梗菜は、「パリストア」で購入、他は先述のSimplyです。
こちらのスーパーは、野菜はほとんどが計り売りのため、私たちのように二人とか、少人数の家庭にはとっても経済的な売り方をしてくれています。日本だと、どうしても使い切れなかったりすることが多いので。

c0146402_7125131.jpg上の材料を調理すると、こんな感じになりました。ご飯、鰯、白菜の和え物、そして豚汁、プラス日本で頂いた佃煮やサケフレークも一緒に。ちなみに箸は台湾製のもので、日本のもののように先が尖っていないものです。
中心で反り返っている怪しげな物体は、鰯の骨です。一応三枚におろしてみたのですが、真ん中の部分にかなり身が残ってしまい、もったいないなあと思って、一緒に焼いてしまいました。
強めに焼いたおかげで、骨せんべいとして食べられました。

c0146402_725129.jpgご飯の上に鰯を乗せて、おしょうゆを少し垂らし、ほぐしながらいただきました。久しぶりに食べる鰯の味は、懐かしい味がしてとても美味しかったです。
[PR]
by merico-merico | 2009-01-30 07:31