2009年 02月 18日 ( 2 )

ストラスブールのスーパーマルシェ(3) Serpent Vert  

前項もそうでしたが、こちらで和食を作ることが時々あります。そんな時、必要なのが、味噌やしょうゆ、みりんや酢などといった日本の調味料、そして、我々日本人に欠かすことの出来ない食料、米です。

しょうゆやみりん、酢などは、ちょっと高いですが(仕方ないですけど・・)パリストアやアジーなどで手に入ります。もちろん、米も売っていて、私達もこちらへ来たばかりの頃はパリストアで売られているものを買っていたのですが、今はここのお店で買っています。

c0146402_22433096.jpg「Serpent Vert」(緑の蛇)、という名のこのお店、何のお店かというと、BIO(有機栽培)の専門のお店です。場所は大学の正門に近いところで、すぐ前にトラムが走っています。
ストラスブールに来たばかりの頃は、シノデというイタリア米や、中国米をパリストアで買っていたのですが、中国米は、日本で危ないと評判になった頃、なぜか同時にパリストアから消えました。

シノデはまだありますが、どうも炊いたときにつやが無く、食べてもそんなに美味しくないのです。また、アジーという別のアジア食品店では「かがやき」という日本のお米が売られていますが、他に比べて数倍の値段で売られていて、これをいつも買うわけには行かないなあ・・と思っていました。

そんな時、ストラスに住んでいる方から、このお店の存在を教えていただきました。以来、お米はずっとこのお店で買っています。


c0146402_22484492.jpgこのお店では、このように量り売りで、米、砂糖、小麦粉などが売られています。
ジャポニカ米は左上のほうにあります。Riz rond という表示がついているものです。
このお米も原産地はイタリアなのですが、炊いたときにつやがきちんとあり、割ともちもちしていて、美味しいです。Bio製品なので、安全だと思われるし、しかも、胚芽も付いているので、健康にもいいと思います。

ちなみに、お値段もそんなに高くありません。1キロで1.90ユーロです。

c0146402_22581337.jpg自分で欲しいだけの量を袋に詰めたら、近くにあるはかりで、値札を作ります。たしかRiz rondは43番だったかな・・?
はかりにお米を乗せて、43のボタンを押したら、値札が右から出てきます。それを袋に貼って、レジに持っていけばOKです。

「Serpent Vert」では、この他にも、野菜、パン、ハムやソーセージなどの加工品、缶詰類、そして化粧品や洗剤など、広い範囲の物を扱っています。
中心街からも少し外れていて、あまり目立つお店ではないのですが、いつ行ってもお客さんはいっぱいです。
流石に、Bio志向の人達がかなり多いフランスだなと思います。

お米を買う目的で始めは来たお店でしたが、ここに来て、周りの人達を見ているうちに、私もBioのものを買うようになってしまいました。


c0146402_23343322.jpg良く知られたお店のようで、語学学校で友達と話しているときに「Serpent Vert」という単語をふと言ったら、それまでめいめい、違う人と会話を楽しんでいた周り人達の目がこちらに向かってきらっと光って、「私もその店知ってる!」と、みんな会話に参加してきました。みんなやはり食の安全に非常に興味があるようです。きっとこれからもこのBio志向、強まっていくだろうなあと強く思いました。

日本もBio専門のお店を時々見たりしますが、きっとそういうお店も、どんどん増えていくだろうな、何て思いながら、語学学校からの帰り道をてくてくと歩いて帰ってきました。


Serpent Vert Strasbourg店:37 Bd de la Victoire - 67000 Strasbourg  
Tél :+33 3 88 35 24 28
[PR]
by merico-merico | 2009-02-18 23:45 | ストラスブールのスーパー

さばの味噌煮

c0146402_2252851.jpgストラスブールにPlace de Broglie(ブログリー)という広場があります。この広場では毎週水曜日と金曜日の二回、大きな市が立ちます。
私はこのブログリーのマルシェがとても好きで、水・金の語学学校の帰りには、何か買う予定が無くても、ついつい立ち寄ってしまうところです。
野菜・チーズ・パン・魚、はたまたアルジェリアのお菓子や中華系のお惣菜などと、色とりどり、様々な国の食品が並べられ、目移りしてしまいます。

c0146402_22153245.jpg先日、同じようにここのマルシェに寄ったとき、小さめですが生きの良さそうな鯖を見つけました。
私は鯖が大好きです。なぜかというと、鯖って、煮ても、焼いても、〆ても美味しいので。しかも体に良い。こんなパーフェクトな魚が他にあるだろうか?と思っています(笑)
先日は鯖でパスタを作ってみましたが、今日は和食に、鯖の味噌煮を作ろうと決めました。

こちらはその鯖をおろしてみたところ。身も綺麗な色をしていて、なんだかこのまま食べちゃいたいと思いました。

c0146402_22195532.jpg〔材料〕(二人分)

さば          小2匹

酒           200cc
味噌          大3
砂糖          大2
みりん         大2
しょうが        1片
しょうゆ        大1/2

(飾りつけ用)
しょうが        1片
ねぎ          1/4本

〔作り方〕

(下ごしらえ)
・鯖は内臓を取って三枚おろしにする。
・飾り付け用のしょうがは千切りに、ねぎは白髪ねぎにする。

①フライパンに酒を入れ、熱する。
 沸騰し、アルコール分が飛んだら、味噌、砂糖、みりん、
 しょうゆ、そして薄切りにしたしょうがを入れて溶く。

②そこにおろした鯖を入れ、13分ほど煮る。(煮すぎないように!)
 アルミホイルをかぶせて煮てください。

③煮えたら、用意していて皿に盛り、味噌のたれもかける。
 上に、飾り付け用のねぎとしょうがを添えて完成です。
 
かなり手抜きの鯖味噌煮ですが、味は結構美味しくて気に入ってます。


c0146402_22302720.jpg今日の夕食、全体図です。

鯖の味噌煮、ポテトサラダ、玉ねぎのお味噌汁、ほうれん草のおひたし、そしてごはんです。
実家に住んでいたとき、何となく鯖とポテトサラダ、ほうれん草の組み合わせが多く出ていたので、今日は私も母の真似をして鯖とポテトサラダの組み合わせです。

c0146402_22334674.jpgじゃがいもはスーパーで売られていた、こちらの赤い皮のものを使ってみました。前から気になっていたのですが、何となく手を出していなくって、でも今回、ポテトサラダを作ろうと決めて、覚悟を決めて購入してみました。
どんな味がするのか楽しみでしたが、そんなに黄色いい皮のものと変わり無かったです。

ポテトサラダの中身は、茹で卵、コーン、グリンピース、そして、フランスのサラミでした。ポテトサラダに入れても美味しかったです。


本当に久しぶりに鯖の味噌煮を食べて、何だかすごく落ち着きました。
やっぱり鯖って美味しい魚ですね。
[PR]
by merico-merico | 2009-02-18 23:21 | 和食