2009年 02月 14日 ( 1 )

Christian(クリスチャン)

c0146402_19243620.jpg昨日から妹がストラスブールへ遊びに来てくれました。ご主人のお仕事がカンヌの近くの街であったために、一緒にフランスを訪れ、ストラスブールにも遊びに来てくれたのでした。約3ヶ月ぶりの再会です。 

ストラスブール、アルザスの見せたいところはたくさんあったのですが、残念ながら一泊の滞在、ストラスのみの案内となりました。まずカテドラル、プチットフランスははずせません。そして、ストラスの中でどうしても私自身が彼女を連れて行きたいところがありました。それがこのChristianというお菓子屋さんです。

このお店、観光客は勿論のことですが、地元の人たちも多く訪れるパティスリーです。私自身、ここのお店のお菓子と、お店の雰囲気が好きで、主人、友達と何回もお茶をしに来るところです。そこを妹にも見せたかったのでした。
入り口は小さめで、こじんまりとしていますが、一階にはお菓子売り場、そして更に中に入ると奥へ奥へと進むことが出来、突き当たりに、そして二階に喫茶店(サロン ド テ)があります。
c0146402_19313220.jpgc0146402_19342688.jpg今日は二階の方でお茶を飲むことにしました。奥へ進んで行きましょう。
バレンタインが近かったせいか、ハート型の紙がつるされていました。






右の写真は、二階へ上がるための螺旋階段。石造りで、重厚な感じの、いい感じの階段です。
アルザスの民族衣装を着た女の子が描かれています。

c0146402_1945182.jpg二階に上がると、こんなサロン ド テが待っています。一面地模様の入った紫の壁紙に覆われて、テーブルや椅子も紫の入ったもの。ここは紫で統一されています。こういう色使いって、日本ではあまり見られない気がします。上品な紫使いで、私はここの雰囲気が好きです。

中央には、宝石箱のような入れ物に入った、これまた宝石みたいなケーキたち。この中に入っているケーキの中から、好きなケーキを選べます。欲しいケーキが決まったら、店員さんにお願いして、取ってもらいます。

では、美しいケーキの数々を。

c0146402_22185013.jpgc0146402_22191964.jpg左は私が頼んだケーキです。中にフランボワーズのムースが入ったケーキでした。甘酸っぱくて美味しかったです。




右は妹の食べたケーキ。ハート型で、中にはホワイトチョコレートのムースが入ったものでした。味が少し雪見だいふくに似ている気もしましたが、美味しかったです。

c0146402_22253519.jpgc0146402_22261627.jpgこれらは以前友達と訪れたときに頼んだものです。

私は甘酸っぱい、フランボワーズやブルーベリー、いちごのケーキが好きなもので(チョコなども大好きですが)、どうしてもこういう感じのケーキばかりを頼んでしまいます。どちらも美味しかったです。


私には、フランスのケーキって、少し甘すぎる気もしていたのですが、ここのお店のケーキは割と甘さ控えめで、繊細な味のものも多いので嬉しいです。

c0146402_22351428.jpgc0146402_22374814.jpg
左は主人の頼んだケーキです。プラリネがつかわれたケーキで、少しおすそ分けしてもらったのですが、やはり甘すぎず、美味しいケーキでした。
右のは、エクレアです。カフェ味のクリームの入ったものでした。こちらは、以前私が学校帰りにクリスチャンに寄って、パンを買ったときに、一緒に主人へのお土産として買ったものです。なので、家での撮影となっています。

c0146402_2243897.jpg今回は、一緒にお茶も頼みました。ダージリンです。
ここでは、お茶を頼むと、このような、何だか日本の急須みたいなものとティーパックが一緒に出てきます。普通は、急須の中にティーパックを入れるようです。

というのも、私達は最初、お茶を頼んだ時に、カップの方にティーパックを入れて、お湯を注いでいたのですが、それを見ていたここの店員さんが、私達のやり方に耐えられなくなったのか「普通はこうするのよ」と、ティーパックを急須の方へ移し変えてくれる、という事件があったのでした。
ちなみにここにはパンも売られています。

c0146402_22492681.jpgc0146402_22495542.jpg
左は言わずと知れたクロワッサン。右はパンオショコラです。
さすがお菓子屋さんのパン、といった感じで、バターのたっぷり使われたデニッシュ生地は、外側はさくっと、中はもっちりして、しかも繊細な味がします。
c0146402_22542892.jpgこちらは外から見たところ。ショーケースの中には、マカロン、ケーキ、そしてクグロフなどきらきらと輝くお菓子たち。上段にはジャムの数々が。
またここからは見えませんが、店内には多くのチョコレートが、所狭しと並べられています。またここは、夏になると、店頭にアイスクリームの屋台が立ちます。このアイスクリームもとっても美味しいので、近くをお通りの際は、是非食べてみてください!

c0146402_22535286.jpgクリスチャンの後は、私、主人、そして妹の三人で散歩をしながらプチットフランスまで行きました。
ボーバンダムのある辺り、夕日が丁度いいところに来ていて、写真におさめてみました。


ちなみにChristianはストラスブールに二軒あり、今回ご紹介したのは、カテドラルのすぐ向かいにあるお店の方です。
もう一軒は、タンプル・ヌッフという教会の向かいにあります。住所は以下に載せておきます。

Christian(カテドラルの向かいの店) 10, rue Mercière
Tél +33 3 88 22 12 70

Christian(タンプル・ヌッフに近い店) 12, rue de l’Outre
Tél +33 3 88 32 04 41
[PR]
by merico-merico | 2009-02-14 23:01 | ストラスブールのパティスリー