<< Au grain de riz... 豚肉の玉ねぎケチャップソース >>

お米の麺 いろいろ

フランスに来てから、日本で作っていた料理とは、大分違った内容のものを作るようになりました。
その理由としては、前項まででご紹介してきたように、日本で見ることの少ない国の料理に触れ、刺激を受けてきたことがかなり大きいです。
それら、他国料理の中で、我が家で一番作る機会が多くなったのが、お米の麺を使った、東南アジア系の料理です。

c0146402_0184799.jpgc0146402_0421073.jpg
一口に「お米の麺」と言っても、種類は沢山あります。
左は台湾のビーフン。パリのタンフレールという、アジア食品専門のお店で買ったものです。すごく細くって、でも弾力がある麺です。
そして右は、クエイティアオという名前の、お米の麺です。これには3種類の太さがあって、写真のものは中くらいの太さ。それよりも更に細いもの、それよりも太いものがあります。家でよく使うのは、写真の中くらいのものです。

c0146402_051446.jpgc0146402_0513384.jpgこちらも、左右とも同じく米より作られた麺です。

左は、右上の緑のクエイティアオと同じ太さのもの。別会社のものです。上の緑のものよりも、ちょっともちもちしているような気がします。これはSimplyで。

右はまたちょっと違う米の麺。例えるなら、日本のくずきりのような感じのものです。くずきり同様、なかなか柔らかくならず、どう使っていいものか、未だに研究中です。

c0146402_5333937.jpgc0146402_5353123.jpg

c0146402_5364854.jpgこちらの3枚の写真が、中くらいの太さの米麺を使って作った料理です。

左上から、フォー・ガー(鶏肉のフォー)、右上はボブン、この右の写真は、パッタイという、タイの甘酸っぱい焼きそばです。

どこかでも書いたのですが、我が家はルッコラが大好きなので、何にでもルッコラを入れてしまっています。


ボブンは以前ここでご紹介したのですが、フォー・ガーとパッタイは初めての登場です。
実は、私はこの二つに関しては、かなり手抜きをしています・・。
というのも、パリストアで良いものを発見してしまったから。

c0146402_545426.jpgc0146402_546939.jpgこの二つ、左はパッタイの素、そして右はフォーのスープの素です。

本来ならパッタイは、タマリンドや椰子の砂糖、アーモンドなど、沢山の材料を混ぜて、焼きそばのソースにするのですが、この素を使えば、簡単に出来てしまいます。これ、結構美味しいです。日本にもあるような、という情報を聞いたことがあります。

右はフォーのインスタントの粉末スープ。これは本来ならフォー・ボー(牛肉のフォー)用のスープですが、私はいつも鶏肉を入れて作っています。

でも、これらの味をそのまま使うのではなく、例えばフォーのスープを作るときは、水にねぎとしょうがの薄切り、そして鶏肉をいれ30分くらい煮立たせ、それからスープの素をいれ、更にお酒(白ワインですが)とナンプラーを入れて、一手間かけるようにはしています(←と、自分で自分をフォローしてみました・・)。

やはり米を主食としているからでしょうか、お米の麺を食べると、とても落ち着きます。
あっさりとしていて、食欲の無いときでも食べられる料理だな、と思いました。そんなわけで、日常的にも、アルザス料理を食べ過ぎた翌日などにも、良く作ります。

毎日でも食べられる料理って、もしかして世界で一番美味しい料理なのかもしれない・・、そんなことを最近思います。
[PR]
by merico-merico | 2009-02-24 06:09 | エスニック
<< Au grain de riz... 豚肉の玉ねぎケチャップソース >>