<< 豚肉の玉ねぎケチャップソース ストラスブールのスーパーマルシ... >>

セロリと海老の炒めもの

c0146402_483612.jpg今日のストラスブールはとても寒い一日となりました。

朝、天気予報で、お姉さんが「今日は晴れますが、とても寒いです」と言っていたので、覚悟して家を出てきたのですが、想像以上の寒さで震えながらの登校となりました。

写真は今日のお昼、語学学校からの帰り道で撮った写真です。
教会が日に照らされて、より荘厳に見えたので、思わずカメラを取り出して撮ってしまいました。
でも寒いからこそこのように日の光が美しく見えるのでしょうね。寒かったです。

この寒さで風邪などひいてはいけないので、野菜をたくさん食べて、体を強くしないと!と思い、今日は家にあったセロリを使って何かを作ろうと考えました。
冷蔵庫、冷凍庫をあさると、海老を発見。海老とセロリの炒め物なんて、美味しそうだなと思い、今日のメニューが決定しました。

c0146402_4191175.jpg〔材料〕(二人分)

セロリ       2~3本
海老        12匹
(海老下ごしらえ用)
片栗粉       小2
酒          大1
塩          ひとつまみ     

(調味料)
水          50CC
砂糖        小1.5
塩          小1.5
酒          大1.5
片栗粉       小1

しょうが      1片
ねぎ        1/2本

サラダ油      大1

〔作り方〕

(海老の下ごしらえ)
1海老は殻を剥き、背中に切れ目を浅く入れてワタをとる。
おわんのような器に海老を入れ、片栗粉・酒・塩を入れて、手でもみこむ。
そのまま10分ほど置く。

2小さめの鍋に湯を沸かす。沸騰したら、片栗粉をつけたまま20秒ほど1の海老を茹でる。
 茹で上がったら冷水でしめて、別皿におき、乾燥しないようラップをしておいておく。


①しょうが、ねぎはみじん切りにしておく。セロリは斜めに切る。
 調味料は全て混ぜておく。

②大き目の鍋に湯を沸かし、沸騰したらセロリを10秒ほど茹でる。
 茹で上がったらざるに上げておく。

③フライパンに油を入れ、熱する。
 充分あたたまったら、しょうがとねぎを入れて、香りが出るまで炒める。

④香りが出てきたら、セロリをいれ少し炒める。
 その後海老も加え、再び少し炒める(炒めすぎない様気をつけてください)。

⑤調味料を加え、とろみが出てくるまで炒めたら完成。
 お皿に盛って熱いうちに食べてください!

c0146402_4324573.jpg今日の夕食の全体図です。
セロリと海老がメイン、汁物には昨日作ってあった豚汁(にんにく、しょうが入りのスタミナ版(笑))、セロリの和え物です。
実はセロリが物凄くあったので、メインのもの以外にも、和え物を作ってしまいました・・。なので今日はセロリ尽くしの夕食でした。
セロリは美味しい野菜ですが、流石に沢山ありすぎると飽きてしまいました(笑)
そしてもう一品、少し離れたスーパーに行ったときに買った、たこのオリーブオイル漬けです。

c0146402_4363442.jpg主人は無類のたこ好きです。なので、日本にいた頃は良く生たこや茹でたこを買ってきて食べていました。
ストラスブールでは、スーパーなどで、日本ほど頻繁にたこを見かけません(たまにありますが)。でも、このような小さいたこのオリーブオイル漬けは、日常的にあるので、こちらに来てからは、お惣菜コーナーなどで、この様なたこを買ってきてよく食べています。

家の向かいにイタリア食材店があり、そこにもこの様な、たこのオリーブオイル漬けが売られています。
私達はそこで何度もこのたこを買うので、違うものを買いたいときにも、店員さんに「今日もたこ?」と聞かれるようになってしまいました。
多分、そこの店員さんには「たこの日本人」として記憶されることとなるでしょう・・・。

ちなみに、たこはフランス語で「Le poulpe(プルプ)」です。
何だか可愛い響きですよね。
[PR]
by merico-merico | 2009-02-20 04:53 | 和食
<< 豚肉の玉ねぎケチャップソース ストラスブールのスーパーマルシ... >>